航路・航空路運賃低廉化

障害者等に対する離島割引の適用について

有人国境離島法に基づく航路運賃低廉化事業の適用範囲を障害者(介護者)又は被救護者(付添人)(以下、「障害者等」という。)まで拡充します。

対象者     障害者等であり、かつ、住民(屋久島町に住所登録)である者
※①障害者手帳、②離島航空割引カードの両方が必要です。
適用開始日     平成30年4月1日
対象航路・区間   現行の有人国境割引の航路・区間と同一
※今回、航空路’(飛行機)は対象外となります。
割引額 有人国境離島割引運賃の5割引
(5円または50円単位切り上げ)
適用方法 事業者ごとに、障害者等の適用範囲が異なるため、有人国境離島法による障害者等運賃の適用方法は、現在の適用範囲に準じて実施します。

 現在、①身体障害者手帳等の提示により、各航路事業者の障害者等に対する割引を受けている方に対して、②鹿児島離島航空割引カードによる有人国境離島法の割引が併せて適用される予定です。
対象となる方で、②離島航空割引カードをお持ちでない方は、役場町民生活課にて発行手続きをお願いします。

障害者等運賃
障害者等割引状況

【お問い合わせ先】
屋久島町 企画調整課 企画調整係
電話:0997-43-5900(内線 112・114)

 

 

有人国境離島法における航路・航空路運賃低廉化事業の対象者拡充について

 上記事業における運賃低廉化の対象者について、下記のとおり住民に準ずる者(準住民)への適用が開始されることになりましたので、お知らせします。

1.対象者
 屋久島町民が扶養している島外に居住している18歳以下の児童・生徒等

2.適用開始日
 平成29年10月1日
※一般住民と同様、離島航空割引カードの取得が必要です。

3.必要書類
 ①顔写真(縦3cm×横2.5cm)
 ②申請者本人の健康保険証又は、運転免許証等住所の確認できる書類
 ③在学証明書(又は学生証)
 ④当該児童・生徒を扶養する者の住所が確認できる書類

 

 

有人国境離島法に基づく航路・航空路運賃低廉化事業の実施について

 有人国境離島法に基づく国の「特定有人国境離島地域社会維持推進交付金(仮称)」を活用して、平成29年4月1日(土)から航路・航空路運賃低廉化事業を実施することとなりましたので、お知らせします。

【事業概要】
1 航路・航空路運賃の低廉化
 ①ジェットフォイル:JR特急指定席並みに引き下げ
 ②フェリー:JR在来線並みに引き下げ
 ③航空機:新幹線並みに引き下げ
  ※対象航路・航空路及び割引額等は別紙のとおり

2 対象者
 町内に住所を有する者等

3 事業開始予定時期
 平成29年4月1日(土)

01割引お知らせ
02運賃割引額(屋久島町)
03高速船料金改定(H30.7.1~)

 別紙に示しているとおり割引制度を受けるためには離島航空割引カードが必要ですので、まだカードをお持ちでない方や、有効期限が過ぎたカードをお持ちの方は、宮之浦支所、安房支所、尾之間支所、栗生出張所の町民生活課窓口で申請してください。

※種子屋久高速船(株)が運営するジェットフォイルについては、当初、システムの都合により、乗船手続に時間を要する場合がありますので、予めご了承ください