まち・ひと・しごと創生総合戦略

屋久島町の「まち・ひと・しごと創生」が目指すもの

 本町は、悠久の流れの中で、脈々と受け継がれてきた伝統・文化、集落の営み等、貴重な資産を有し、それ自体が観光客や移住者を惹きつける魅力となっています。
 また、国内で初めて世界自然遺産に登録された地域を有し、この世界に誇れる資源を永久の資産として次世代に遺す責務を負っています。
 そのため、人口減少社会においても、本町の資産を次世代に受け継いでいくためには、この地に住む住民が誇りと責任を持ち、自然との共生の中で屋久島ならではの産業や文化を創造し、それらが循環するまちづくりを行うことが不可欠です。
 そのために、屋久島らしい雇用創出や産業振興を図り、国内外から屋久島の魅力に惹かれて訪れる人々との交流を通して、ヒト・モノ・カネ・情報が循環し、本町に住む人々が屋久島に住むことの誇りとそれを次世代に伝える責任感の創出を目指します。

まち・ひと・しごと創生総合戦略 ページ一覧