大和杉 『やまとすぎ』

大和杉

調査対象になった屋久杉の中では、縄文杉に次ぐ太さの巨木。窪地にあって風の影響をあまり受けないとみえて樹高も屋久杉としてはきわめて高く、木肌も美しい。
訪れる人もまれになった登山歩道の下にひっそりと立っているが、根元に近づいてみると堂々たる巨木である。

樹高 34.9m
胸高周囲 10.2m
推定樹齢 3,000年~4,000年
標高 1,260m

アクセスマップ