太古杉 『たいこすぎ』

太古杉

北西季節風が越えて行く尾根の上にあって背は低いが、樹皮も若々しく、枝張りもしっかりしている。縄文杉を若くしたような元気な屋久杉である。  ほとんど使われることがなくなった歩道沿いにあり、訪れる人もまれな巨木である。

樹高 17.6m
胸高周囲 8.5m
推定樹齢 不明
標高 1,280m