国勢調査の概要


 国勢調査は、国の最も重要かつ基本的な統計調査で、国内の人口・世帯の実態、就業状態などを明らかにするため、5年ごとに実施されます。

令和2年国勢調査は、
わが国で初めて国勢調査が行われた
大正9年(1920年)から数えて、
ちょうど100年の節目の調査です。

 

調査の期日

令和2年(2020年)10月1日現在で実施します。

 

調査の対象

令和2年(2020年)10月1日現在、日本国内に住むすべての人(外国人を含む)と世帯です。

 

調査の内容

▶︎世帯員について
男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態、従業地又は通学地など15項目

▶︎世帯について
世帯員の数、世帯の種類、住居の種類、住宅の建て方の4項目
調査書類の配布と回答方法

▶︎調査員が調査対象となるすべての世帯に調査書類を配布します。

▶︎調査への回答は、パソコンやスマートフォンなどからインターネットで回答することができます。

 インターネット回答について(総務省統計局)(外部サイト) 
 

▶︎また、紙の調査票を郵送提出、または調査員へ直接提出することもできます。