口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

1 趣旨

口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託のプロポーザル方式による委託先の選考について必要な事項を定めるものとする。

 

2 業務の概要

(1)業務の名称 口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託
(2)発 注 者 屋久島町
(3)業務の内容 口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託仕様書(以下「仕様書」という。)のとおり。
(4)契約期間 契約締結日 から 平成31年3月31日 まで
(5)契約限度額 1,967,000円(消費税及び地方消費税を含む)

 

3 参加資格

プロポーザル方式による選考会に参加できる者は、次の条件をいずれも満たすものとする。

  1.  地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
  2.  屋久島町及び鹿児島県から入札参加停止措置を受けている期間中でない者。
  3.  国税及び地方税を滞納していない者
  4.  暴力団等(暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号)に定義されるもの)の利益となる活動を行なっていない者
  5.  会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第87号)第64条の規定による改正前の商法(明治32年法律第48号)第381号第1項の規定により会社の整理の開始の申し立てがなされておらず、かつ、同条第2項の規定による通行を受けていない者。
  6.  破産法(平成16年法律第75号)第18条又は第19条の規定により破産の申立て(同法附則第3条の規定により、なお従前の例によることとされている場合を含む。)がなされていない者
  7. ​​ 会社更生法(平成14年法律第15号)第17条第1項及び第2項の規定による更正手続開始の申立て(同法附則第2条の規定により、なお従前の例によることとされる更正事件(以下「旧更正事件」という。)に係る同法による改正前の会社更生法(昭和27年法律第172号。以下「旧法」という。)第30条第1項又は第2項の規定による更正手続開始の申立てを含む。以下「更正手続開始の申立て」という。)がなされていないこと。ただし、会社更生法第41条第1項の規定による更正手続開始の決定(旧更正事件に係る同法第199条第1項の更正計画(旧更正事件に係る旧法に基づく更正計画を含む。)の認可の決定を含む。)があった場合にあっては、更正手続開始の申立てをしなかった者又は更正手続開始の申立てをなされなかったものとみなす。
  8.  平成12年3月31日以前に、民事再生法(平成11年法律第255号)附則第2条の規定による廃止前の和議法(大正11年法律72号)第12条第1項の規定により和議開始も申立てがなされていないこと。
  9.  平成12年4月1日以降に、民事再生法第21条第1項及び第2項の規定による再生手続開始の申立てがなされていないこと。ただし、同法第33条第1項の規定により再生手続開始が決定した場合にあっては、その旨を証する書類を提出することにより、再生手続開始の申立てをしない又は申立てをされなかったものとみなす。
     
4 参加手続

(1)実施要項等の公開
  ア 公開期間 平成30年6月21日(木) から 平成30年7月6日(金) まで
  イ 公開方法 町掲示板に告示するほか、屋久島町ホームページにて公開する。

(2)実施要項等に関する質問の受付及び回答
  ア 質問方法 質問書(様式第5号)を用いて、郵送又は電子メールのいずれかの方法で提出する。
    なお、件名を「口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託プロポーザルに係る質問について」とすること。
  イ 受付期間 平成30年6月21日(木) から 平成30年7月13日(金) まで
  ウ 回  答 回答は受理した日から5日以内(閉庁日を除く。)に、郵送又は電子メールのいずれかの方法で回答する。
    ただし、参加申込書の提出があった者に限り回答する。

 

5 参加申込書及び企画提案書の提出等

(1)提出書類等の配布 
  ア 配布期間 平成30年6月21日(木) から 平成30年7月6日(金) まで
   (土日祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで)

(2)参加届出書の提出(様式第1号
  本プロポーザルに参加する場合は、下記の提出期限までに参加届出書を提出すること。
  提出期限 平成30年7月6日(金)午後5時15分まで
※提出は事務局あてに郵送または持参すること。また、郵送の場合は提出期限までに屋久島町環境政策課に必着させること。

(3)様式第1号以外の提出書類
 ① 提出書類及び部数
  ア 参加申込書(様式第2号) 5部
  イ 営業概要書(様式第3号) 5部
  ウ 企画提案書(様式任意)  5部
  エ 積算見積書(様式任意)  5部
  オ 次に掲げる書類 1部
   ⅰ 登記簿謄本(発行日から3か月以内の原本)
   ⅱ 定款(写し)
   ⅲ 納税証明書(直近事業年度の都道府県民税及び市町村税。写しでも可)
   ⅳ 消費税納税証明書(直近事業年度のもの。写しでも可)
   ⅴ 財務諸表(直近事業年度のもの)
   ⅵ 委任状(取引権限を事務所等に委任するときに必要。様式第4号。)
  カ その他、屋久島町長が特に必要と認める書類(審査時に指示することがあります。)
注1 積算見積書は、積算根拠及び内訳が分るように記載すること。ただし、当該見積額は契約額を確定するものではありません。
注2 提出書類は、ⅰからⅵまでを一式として、1部ずつクリップ等でまとめて提出する。ただし、ステープラー及びのりは使用しないこと。

 ②提出期限
  平成30年7月18日(水)午後5時15分まで
※提出は事務局あてに郵送または持参すること。また、郵送の場合は提出期限までに屋久島町環境政策課に必着させること。

 ③提出場所
 〒 891-4292
 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1593番地
 屋久島町役場 宮之浦支所 環境政策課 自然環境係

 ④問い合わせ先
 電 話 0997-42-0100(内線231) FAX 0997-42-1505
 メール kankyo@town.yakushima.kagoshima.jp

 

(4)参加に関する留意事項

1 提案書に記載すべき事項は、選定方法に示す審査項目及び別に定める仕様書を参考とし、具体的かつ分かり易く整理されたものであること。
2 提出書類は、原則日本工業規格A4とする。
3 参加資格を有さない者の提出及び提出書類に不備がある場合は失格とする。
4 積算見積書(様式任意)に記載した金額が、契約限度額を超える場合は失格とする。
5 記載内容に不備がある企画提案書又は不適切と認められる企画提案書は受理しない。
6 提出期限後を過ぎた場合は、書類の再提出及び差し替えは認めない。
7 参加に関する一切の費用は、参加者の負担とする。
8 受理した書類は返却しない。
9 提出書類は、受託者の選定目的以外に使用せず、企画提案書は参加者の同意なしに公開しない。
10 企画提案書に虚偽の記載があった場合は、その参加者に関するプロポーザル選考会での決定事項をすべて無効とする。

6 プロポーザル選考会

(1)開催日 平成30年7月24日(火)予定 詳細は、後日応募者に通知する。
(2)開催場所 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田469番地45 屋久島町役場本庁2階会議室
(3)企画提案者
 企画提案書の説明は、参加申込書記載の代表者又は実際に業務を実施する場所において中心となる担当者が行わなければならない。
(4)内容
 ア 企画提案(20分)
   企画提案者が企画提案書等により、団体の概要及び企画提案内容の説明を行う。
 イ 質疑応答(10分)
   審査員が提出書類等に基づく質疑応答を行う。
 ウ その他
  ・企画提案に使用するパソコン等は応募者が準備する。
  ・出力用のプロジェクターは使用可。ただし、事前に動作確認が必要。
  ・企画提案等の内容は、非公開とする。
  ・企画提案等に係る一切の費用は、参加者の負担とする。
  ・参加者が1者のみの場合、プロポーザル選考会は実施せず、書類選考を行う。

7 選考方法

(1)選考方法及び基準
 「口永良部島生物圏保存地域管理運営計画策定業務委託プロポーザル選考要領」により、提出された書類、企画提案及び質疑応答に基づいて、次の項目を採点し、平均点(選考委員全員の合計点を平均したもの)の最も高い者を契約予定者として選定する。
 ただし、平均点の最も高い者が複数名いる場合は、くじ引きにより契約予定者を決定する。

8 選考結果の通知等

(1)選考結果の発送予定日
  プレゼンテーション実施日から10日以内に発送
(2)通知内容
  契約予定者に対して、選定通知により通知する。また、非選定者に対しては、非選定通知により通知する。

 

9 その他の留意事項

(1)契約の締結にあたっては、契約書を作成しなければならない。
(2)契約予定者は、通知を受理した日から7日以内に契約書案を提出しなければならない。
(3)契約保証金は免除する。

 

環境政策課 自然環境係
​電話 0997-42-0100(内線231・285)