『臨時福祉給付金(簡素な給付措置)』・『子育て世帯臨時特例給付金』のお知らせ

 平成26年4月から消費税率が8%へ引上げられたことに伴う低所得者及び子育て世帯への影響を緩和するため、臨時的な措置として、「臨時福祉給付金」及び「子育て世帯臨時特例給付金」を支給いたします。

◇臨時福祉給付金(簡素な給付措置)

1.対象:基準日(平成27年1月1日)において、以下の条件を満たす方。
 ①住民基本台帳に記録されている方。
 ②平成27年度住民税(均等割)が課税されていない方。
  ※住民税が課税されている方の扶養親族等及び生活保護を受けている方は除く。
2.支給額
 ・対象者1人につき6,000円
3.手続き
 ・現在準備中です。9月中旬頃に案内等をお届けする予定です。
 ・申請受付開始は10月頃からで、順次支給する予定です。

◇子育て世帯臨時特例給付金

1.対象:基準日(平成27年5月31日)において、以下の条件を満たす方。
 ①平成27年6月分の児童手当の受給者
 ※平成27年6月分の特例給付の受給者は支給対象外です。
2.支給額
 ・児童1人につき3,000円
3.手続き
 ・申請先:屋久島町役場(各支所・出張所)の窓口・福祉事務所
 ・申請期間:平成27年6月15日(月)~ 平成27年9月18日(金)
 ※期限内に申請されないと支給されませんのでご注意ください。
 ・申請に必要なもの:
  全    員  ①申請書 ②印鑑
  必要な方のみ
   児童手当振込口座以外の口座に給付金の振込を希望される場合は,以下の2点が必ず必要となります。
   ①身分証明書(運転免許証または保険証等) ※受給者のものが必要です。
   ②通帳等口座番号がわかるもの ※振込先は,原則受給者の口座となります。
  公務員の方
   職場から申請書や児童手当受給状況証明書の交付を受けて、申請して下さい。
   ①申請書 ②児童手当受給証明書
   ③通帳の写し ④本人確認書類(児童手当振込口座以外を希望する場合のみ)
  ※昨年、屋久島町で受給された方で、同一口座に振り込みを受けている場合、③は省略できます。
4.支給予定
 ・平成27年10月9日(金)
  ※10月期児童手当支給日と同日を予定しています。

◇注意事項(共通)

 ・今年度は「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」と「子育て世帯臨時特例給付金」の両方を受給することができます。
 ・原則として、申請期間外の申請や、申請先市区町村と異なる市区町村への申請は、受け付けられませんのでご注意ください。

※「臨時福祉給付金」(簡素な給付措置) や「子育て世帯臨時特例給付金」 の“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください。
 ご自宅や職場などに市区町村や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))に御連絡ください。


お問い合わせ先
屋久島町福祉事務所 ℡:46‐2235