口永良部島の噴火警戒レベル及び警戒区域についてのおしらせ

 平成30年4月18日11時00分 口永良部島の噴火警戒レベルが『3』(入山規制)から『2』(火口周辺規制)に引下げられました。
 噴火警戒レベルは引下げられましたが、今後も、引き続き小規模な噴火の可能性がありますので、新岳火口から概ね1㎞の範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒してください。また、新岳火口から西側の概ね2㎞の範囲では、火砕流に警戒してください。
 なお、本町が平成28年6月25日10時00分に設定した、災害対策基本法第63条の規定に基づく警戒区域(新岳の火口から半径2㎞以内及び向江浜地区)につきましては、新岳火口の南東側の林道に大雨等の影響で落石や土砂の堆積等が見られ、通行車両等の安全が確保できない状況にありますので当面の間、現在の警戒区域を継続いたします。
 警戒区域内に屋久島町長の許可なく立入ることは禁止されますので、引き続きご理解ご協力をお願いいたします。

口永良部島防災情報図