橋梁長寿命化修繕計画について

 屋久島町が管理する町道橋は116橋あります。このうち、建設後50年を経過する高齢化橋梁は、52橋で全体の45%を占めます。この割合が20年後には81%を占め、加速的に高齢化橋梁が増大し、懸念されます。このような背景から、今後、高齢化が進む橋梁に対して、従来の対処療法的な修繕及び架け替えの継続では、維持管理コストが膨大し、多大な財政負担となることが予想されます。
 以上のことから、従来の事後的な修繕から予防的な修繕へと政策転換を図ることで、橋梁の修繕・架け替えに係わる費用の縮減に努め、本町の道路網の安全性・信頼性を確保することを目的とした『橋梁長寿命化修繕計画』を策定しました。

 

 ・【屋久島町】長寿命化修繕計画

 


屋久島町建設課