縄文杉

 屋久島のシンボルといえば縄文杉。1966年(昭和41年)に紹介され、1993年(平成5年)に屋久島が世界自然遺産に登録されてから多くの方々が訪れるようになりました。屋久島最大の屋久杉で、樹高25.3m、胸高周囲16.4m、樹齢2170~7200年と言われています。登山はスタート地点である荒川登山口から、片道約11km、4~5時間ほどかかります。
 縄文杉を見る時は、保護のために設けられた展望デッキから観察しましょう。
 *交通アクセス:3月1日~11月30日の間は、荒川登山口への車両乗り入れ規制期間です。縄文杉登山をされる場合は屋久杉自然館から荒川登山バスをご利用になるか、タクシー・貸切バスをご利用いただきますようお願いいたします。
 *屋久島山岳部保全利用協議会HPより荒川登山バスの運行状況や時刻表などがご覧いただけます。
  URL:http://yakushima-tozan.com/

入山登山口 荒川登山口 (縄文杉)
登山口へのアクセス 車両運行期間中は屋久杉自然館前から荒川登山口バス利用(35分)
距離(片道) 約11km
標高 1300m
登山高低差 約700m
所要時間(往復) 約8-10時間

 

アクセスマップ