縄文杉 『じょうもんすぎ』

縄文杉

確認されている最大の屋久杉で、スギとして日本で一番太い。背が低いずんぐりした樹形は台風の常襲地帯に育つ屋久杉の特徴をよく表している。凸凹の激しい幹は江戸時代に利用できない巨木として切り残されたことを示している。樹齢7,200年という説もあるが、中心部は空洞になっており、その内側から採取した資料の化学的計測値は、2,170年となっている。
登山者の踏圧により根が傷むことがないよう、平成8年に木製の展望デッキがつくられた。

樹高 25.3m
胸高周囲 16.4m
推定樹齢 2,000年代~7,200年
標高 1,300m

アクセスマップ