愛子杉 『あいこすぎ』

愛子杉

森林軌道の荒川と小杉谷の間は屋久杉の巨木が多い。急斜面に立ち、下方が深い渓谷になっているため、風の影響を強く受けて肌もつやがなく、枝葉も少ない。
周辺の林相も貧弱で、かなり厳しい環境にある。仁王杉と同様に不安定な地盤に立っており、全体に傾いている。

樹高 26.2m
胸高周囲 5.7m
推定樹齢 不明
標高 620m