大洞杉 『おおどうすぎ』

大洞杉

江戸時代に伐採され、その場に横たわっている。中は大きな空洞になっているが、利用できる部分を切り取った跡がはっきりと残されている。この幹に対応する切り株もあり、ウィルソン株と同じように江戸時代の人々の行為を伝えている。

樹高 不明
胸高周囲 8.3m
推定樹齢 切り株
標高 1,070m