三本足杉 『さんぼんあしすぎ』

三本足杉

根元が三つに分かれて大きく張り出した比較的若い屋久杉で、その名のとおり特徴ある姿をしている。倒木か転石に着生して成長し、それらを大きく抱え込んだと思われる。その後、土台になった倒木や転石がおし流されて、現在のような姿になったのであろう。

樹高 25.0m
胸高周囲 3.9m
推定樹齢 不明