くぐり杉(白谷雲水峡) 『くぐりすぎ(しらたにうんすいきょう)』

白谷雲水峡くぐり杉

白谷山荘近くにあり、比較的よく見られる二股になった屋久杉で、楠川歩道をまたぐように立っている。土台になった倒木の姿がまったく残ってないことから、屋久杉より腐りやすいツガの倒木上に育ったとも考えられる。

樹高 22.0m
胸高周囲 3.1m
推定樹齢 不明
標高 850m