枕状溶岩

 屋久島空港と安房の間の永久保集落、田代海岸にある町指定天然記念物です。県道の看板が目印。田代海岸の枕状溶岩は、約4千万年前にはるか太平洋で出来たものが、プレート連動によって移動してきたものと考えられます。その名の通り、枕を積み重ねたような堆積構造がはっきりとみられます。

所在地 永久保(ながくぼ):田代海岸 (枕状溶岩)
交通アクセス 安房から車で15分(約5.4km)。宮之浦から約26分(約14.5km)。
最寄りのバス停 桑野バス停(徒歩約10分)
トイレ&駐車場 トイレ無:駐車台数は5台

 

住所
永久保集落付近

アクセスマップ