お知らせ – 学び・文化・スポーツ

プレミアム付商品券事業のご案内(消費税対策)
[お知らせ - くらし]

2019
10/10

 消費税率の引上げが家計に与える影響を緩和するとともに、地域の消費を下支えするために、
町内の対象店舗で使用できるプレミアム付商品券を販売します。

詳しくは、以下のリンクからご覧ください。

取扱加盟店舗一覧(10月10日更新)
 

屋久島町プレミアム付商品券のページ
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/premium2019/

 

 


問い合わせ
屋久島町 福祉支援課(福祉事務所)
プレミアム付商品券事業担当係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 099743-5900(内線160)/FAX 0997-43-5905

屋久島町第二次振興計画を策定しました。
[お知らせ - くらし]

2019
10/02

町ではこの度、今後10年間の取組方針を示す、屋久島町第二次振興計画を策定しました。
この計画は、住民と行政がともに考え行動する、協働のまちづくりをとおして、計画の基本理念及び重点目標を実現する施策を実施し、住民の願いを実現する持続可能なまちづくりの方針を定めることを目的としています。
住民の皆様には、策定にあたり各校区で開催したまちづくりミーティングにご参加いただき、ありがとうございました。
今後とも、住民参加型の協働のまちづくりを進めて参りますので、ご意見等につきましては、下記担当までお知らせください。

 

基本理念

「悠久の流れの中で、

自然と共に生きる知恵と多様な集落の文化がとけあい、

人々の営みが循環・持続していくまち」
 

10年間の重点目標

「加速する人口減少・少子高齢化に備え、

 限られた財源で最大の効果を発揮し、

住民、集落、行政が協働する人情豊かなまちづくり」

 

 

 

▶︎ [第1版]屋久島町第二次振興計画 概要版

▶︎ [第1版]屋久島町第二次振興計画

 


問い合わせ
屋久島町 政策推進課

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905

 

屋久島町の「かごしま国体専用ページ」
[お知らせ - くらし]

2019
09/11

2020年に、48年ぶり2回目となる第75回国民体育大会(愛称:燃ゆる感動かごしま国体)が開催されます。
屋久島町でも1つの正式競技が開催され、さまざまな取り組み行いますので、ホームページを開設しました!
随時、情報を発信していきますので、ぜひご覧ください。

 

■屋久島町かごしま国体専用ページ(2019年4月10日開設)
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/kokutai/

 

 


屋久島町教育委員会 教育振興課
〒891-4207 屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905

プレミアム付商品券の取扱店を募集します!
[お知らせ - くらし]

2019
08/09

 町では、10月1日から「屋久島町プレミアム付商品券」の発行・販売を予定しています。
 先行して、この商品券を使用できる店舗(取扱店)を次のとおり募集します。

▶︎ 応募資格

 町内で営業している小売店や飲食店、サービス事業所など

▶︎ 募集期間

 令和元年9月30日まで
 ※取扱店には、「取扱店ステッカー」を配布し、各店頭に表示していただきます。

▶︎ 応募方法

 屋久島町プレミアム付商品券使用可能店舗登録申請書に記入し、役場福祉支援課へ提出ください。

 ダウンロードファイル( PDF / Word )

 

▷ プレミアム付商品券とは?

・消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。
・町が、対象となる方々(住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯)に対して、25%もお得に買い物ができる「プレミアム付商品券」を発行・販売します。
・購入いただいた「プレミアム付商品券」は、税率引上げ後の6か月の間、地域の幅広い店舗で日常的なお買い物にご利用いただけます。

 


問い合わせ
屋久島町 福祉支援課 プレミアム付商品券事業担当係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 099743-5900(内線160)/FAX 0997-43-5905

『青森ねぶた』運行のお知らせ
[お知らせ - くらし]

2019
07/24

本庁新庁舎の落成記念と、さらなる交流促進を図るため、友好都市の青森市から『ねぶた』がやってきます。
青森の夏の風物詩、本場の『ねぶた』を見られるまたとない機会ですので、ぜひ運行会場へお越しください。

運行日時及び会場は下記のとおりです。

日   時 会   場
令和元年7月26日(金) 19:00~20:00頃 役場本庁舎
令和元年7月27日(土) 19:30~20:30頃
(15時頃から宮之浦商店街でそうめん流しが行われます。)
           ※20:00頃から打ち上げ花火🎆
宮之浦NTT前広場~益救神社前

「らっせーらー!らっせーらー!らっせ、らっせ、らっせーらー!」の掛け声とともに、ねぶた運行を盛り上げましょう!
また、ねぶたの周囲で跳ね踊ってくださる「跳人(はねと)」も募集しています。当日参加OKですので、お気軽にご参加ください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<お問い合わせ>

観光まちづくり課 地域振興係 TEL 0997-43-5900(内線232・233)

「離島税制」でお得に設備投資!しませんか?
[お知らせ - くらし]

2019
06/25

 町では、離島振興法に基づく「産業の振興に関する計画」を策定していることから、対象業種の事業者が行った設備投資について、一定の条件を満たせば、国税(法人税・所得税)及び地方税(固定資産税)が軽減されることがあります。

 詳しくは、添付のパンフレットをご覧になるか、担当までお問い合わせください。

 

▶︎【離島税制】事業者向けチラシ
 

▶︎【離島税制】事業者向けパンフレット

 

 


問い合わせ
屋久島町 政策推進課 企画調整係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905 

島外生徒の下宿などを募集!
[お知らせ - くらし]

2019
06/25

 町では、平成27 年度に「屋久島町人口ビジョン」を策定しており、人口目標の基準として「屋久島高等学校の維持・存続のため1学年3学級の維持が可能な生徒数の確保」を掲げています。

 今般、屋久島高等学校の学級数が1学年2学級となり、人口目標の基準を下回ったことから、屋久島高等学校と町が連携して、「屋久島高等学校魅力化プロジェクト」に取り組むことになり、その一環として、地域みらい留学フェスタ(下記URL)に登録し、町外から「屋久島高等学校へ進学したい」と希望する生徒を募集することになりました。

 予定通り進めば、受け入れが始まるのは令和2年4月。下宿などの確保が急務となっています。

 受け入れに興味のある方は、担当までご連絡下さい。

 

 


問い合わせ
屋久島町 政策推進課 企画調整係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905 

ありがとうの手紙
[お知らせ - くらし]

2019
06/10

 平成30年度の屋久島町青少年育成町民会議では、主に町内の小・中学校を対象として「ありがとうの手紙」事業を実施しました。
普段なかなか言葉にできないありがとうの気持ちを手紙に書いて表現することにより、感謝の心を再確認しました。
 
最優秀賞を受賞した作品を紹介します。

おじいちゃんへ           宮浦小学校3年   岩切 苺香

 前、図工で小刀名人をしたって言ったのおぼえてる?

 けずったえんぴつを見て

 「えんぴつけずりより上手だねえ。」

 ってほめてくれたでしょう。

 でもそれは、じっちが、小刀を一生けんめいといでくれたからだよ。

 すごくけずりやすかったの。

 じっちにほめられると、やる気マンマンになるんだ。

 じっちがほめる名人だから、私はがんばる名人になります。

 これからもよろしくね。

 いつもたくさんありがとう。

 

助けてくれた歌を作った人へ     安房中学校1年   中村 瞳月

 歌、音楽。

 それは、まさに自分の気持ちそのものだ。

 私は、中学生になってから、焦りや苦しい気持ちを抱えてきた。

 例えば、中学生になり、いろんなことが新しくなり、失敗して、落ち込んでいる時に、音楽を聴いたり、歌ったりして、自分の気持ちを切り替えていた。

 歌の歌詞、それはまさに自分の気持ちだった。

 そういう自分に合ってるような歌を聴き、私は、いろんな事を乗りこえてきた。

 だから私は、その歌を作った人に感謝している。

 そして、これからも、私を支えてくれたことに感謝し続ける。

 歌、音楽いつもありがとう。

 そして、作った方々、ありがとうございます。

 私は、歌と、音楽が大好きだ。

 そして、歌うことも大好きだ。

 本当にありがとうございます。

 

娘、珠羽へ             宮浦小 保護者   福薗 奈緒子

 「私、生きている価値ないよね。」

 「私、ママたちに愛されていないよね。」

 十四歳になり、思春期を迎えたあなたが、ある日ママに聞いたね。

 自分は何者なのか、どんな存在なのか、いろいろなことを考え始めたのだと思う。

 正直びっくりして上手く答えられなかった。

 あなたは小さい頃から人見知りもしなくて、誰からも可愛がられる子だった。

 一歳半の時に弟が生まれて、もの心つく前からお姉ちゃんになったね。

 弟と二人厳しく育ててきたから、あまり甘えられなかったと思う。

 ママは、しつけのことばかり考えて、あなたにちゃんと愛情を示せていなかったんだと反省したよ。

 優しい子に育ってほしいと願いながら、ママ自身、あなたたちに優しくできなかったから、ママに似て意地っぱりで自分勝手な子になっても仕方ないと思っていた。

 でも珠羽は、まわりに気を遣える優しい子に育ってくれた。

 一番嬉しかったのは、八歳下の弟が心臓病をもって生まれて、ママもずっと入院して寂しかったはずなのに、「将来は、弟みたいな子を助けられる看護師になりたい。」と言ってくれたこと。

 自分のためではなく人のために将来を考えてくれたあなたを心から誇りに思ったよ。

 まだ六歳の弟をママは甘やかしてしまう

 逆に、中学生になったあなたには、気恥ずかしくて素直に愛情を示せない。

 でも分かってね。ママとパパを家族にしてくれたのは、珠羽の存在。

 珠羽が生まれて、私たちにたくさんの幸せをくれた。珠羽が寂しくないようにと弟たちが生まれた。

 中学生になった今、弟たちの怖い姉であり、ママがパパとけんかしてぶつぶつ文句言っていたら「ママもでしょ。」って静かに諭してくれる。

 話ができるだけで嬉しい。

 娘であり、親友であり、分身である珠羽。

 あなたはそこにいるだけで充分。

 だから今度聞かれたら

 「珠羽がいるからパパとママは幸せだよ。いつもありがとう。」って言うからね。

 

 


問い合わせ
屋久島町教育委員会 教育振興課

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905

就学援助制度について
[お知らせ - くらし]

2019
05/24

小・中学校に在学・就学予定の保護者の皆様へ

 屋久島町では、経済的な理由でお困りの保護者の方に対して、就学援助制度で学用品の購入費や学校給食に係る経費などを支援しています。

○認定基準について
 以下の基準に該当する場合に就学援助の受給を受けることができます。

1.屋久島町に住所(住民票上の住所)を有しており、屋久島町立の小・中学校に在籍または就学予定である児童生徒がいる方
2.前年度又は当該年度において、次のいずれかの措置を受けた方
・生活保護法に基づく保護の停止または廃止となった
・市町町村民税が非課税となっている
・国民年金保険料が免除または減免されている
・児童扶養手当を受給している
3.上記以外の方で、世帯全員の所得が一定の所得基準に該当する方

○援助内容・金額等について

費目名 内 容 援助金額(年額) 備 考
小学校 中学校
学用品費等 通常必要とする学用品の購入費 11,420円 22,320円 定額
新入学児童生徒
学用品費
入学にあたり通常必要とする学用品の購入費 40,600円 47,400円 定額
修学旅行費 修学旅行に直接係る交通費等 23,000円 51,000円 町内全児童生徒に支給
校外活動費 宿泊を伴わないもの 1,570円 2,270円 定額
校外活動費 宿泊を伴うもの(原則として小学5年生と中学1年生が対象) 実費
医療費 むし歯や結膜炎等の治療費 実費
学校給食費 学校給食に要した給食費 34,650円 42,900円 定額
体育実技用具費 柔道 実費 上限:3,755 円
剣道 実費 上限:25,970 円

※生活保護を受給されている場合,「修学旅行費」及び「医療費」について援助が行われます。
(その他の費目については,生活保護で支給されます。)

○申請等について
1.前年度に引続き就学援助を希望される場合は,在籍する学校が示す提出期限までに申請書等 を提出してください。
2.新小学校1年生については,毎年 10 月に行う就学時健康診断の会場にて,制度の説明・申請書 の配布を行います。(新中学校1年生については、在籍する小学校を通じて申請書を提出)
3.就学援助の受給対象となるかの審査については,屋久島町教育委員会において行い,審査結 果は,新小学校1年生については2月に教育委員会より,新中学校1年生については2月に,在 校生については4月に,学校を通じてお知らせを行います。
4.就学援助の支給については,各学期末に行う予定です。


問い合わせ
屋久島町 教育振興課 総務管理係
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900(内線311) / FAX 0997-43-5905 

加工品研究開発のための研修費用を補助しています
[お知らせ - くらし]

2019
05/11

 町では、町外での加工品研究開発を行うための技術研修に参加する際の旅費などに対して補助を行っています。

 町内産の農林水産物を使用して特産品などの研究・開発を行う方々の負担を軽減し、農林水産資源の一層の利活用による第一次産業の発展、さらなる地域活性化を図ることを目的として、町外で開催される各種の研修会や講習会などへの参加に必要な旅費の一部補助を行います。

 

▼対象者

⑴ 農林水産業従事者で加工品等の研究開発を目指す者
⑵ 生活研究グループ等の任意の団体に加盟して加工品等の研究開発を目指す者
⑶ 農林水産物を加工する施設の管理運営者又はその従業員

 

▼対象費用

町外で開催される各種の食品加工等に関する研修会や講習会(以下「研修会等」)への参加に要した費用のうちの交通費や宿泊費
 

▼補助金額

対象費用の2分の1以内(上限額:7万円)

▼申込方法

研修会等へ出発する日の7日前までに補助金申請をしてください。

[ 提出書類 ]
⑴ 研修会等計画(町指定の様式があります。)
⑵ 研修会等の開催要項(参加募集チラシ等の写しで構いません。)

▼参加報告など

研修会等への参加後、2週間以内に報告書や領収書等を提出していただきます。

 


問い合わせ
屋久島町 産業振興課 技術支援係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900(内線256) / FAX 0997-43-5905
E-mail info@town.yakushima.kagoshima.jp

1 / 3123