屋久島町食育・地産地消推進計画(素案)に対するパブリックコメントの実施結果について

 このたび、「屋久島町食育・地産地消推進計画(素案)」に関するパブリックコメントを実施いたしました。いただいたご意見・ご提案の概要とそれに対する町の考え方についてお知らせします。ご意見・ご提案をいただきありがとうございました。

1 意見募集の概要
(1)意見募集期間
  平成29年2月21日(火)~3月13日(月)

(2)意見募集の周知方法
  防災行政無線、ホームページ

(3)意見等の提出方法
  書面による直接提出、郵便、FAX、及び電子メールによる提出

2 意見募集結果
 ◇意見の件数3件:(2名)
 

意見の概要 町の考え方
1.乳幼児期・学齢期は人生で最も身体が成長する時期なので1日3食の食事はとても大切です。そのことをもっと、たくさんの人に認識してもらえるように働きかけてほしいです。

2.子どもたちが参加できるような「農業体験」の場などを作ってほしいです。


3.新しい地産地消の食材として、自然保護やヤクシカの捕獲の意義を伝える食材として、ヤクシカを食育・地産地消推進計画の中に含めることはできないか。
1.町報やホームページなどの各種広報媒体を活用した情報発信・PRに努めて周知を図るとともに、乳幼児健診や町が妊産婦を対象に実施している「ぷれままカフェ」、教育・保育機関との連携・協同により実践につなげたいと考えています。

2.農林水産業者の役割として体験活動の機会の提供を掲げていますので、関係機関連携して体験活動の充実を図りたいと考えています。

3.ジビエ料理については、今後の地産地消においては重要な役割を果たすものと考えており、本計画の第4章の4の(3)においても、事業者等と連携して普及促進を図ることとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○お問合せ先
屋久島町役場 農林水産課 農政係
電話:0997-43-5900(内線 365)