お知らせ – くらし

牧場管理作業員(会計年度任用職員)を募集します
[お知らせ - くらし]

2020
06/01

会計年度任用職員(牧場管理作業員)の募集について


 町営牧場の管理作業員を次のとおり募集します。

募集人員 1名
勤務場所 屋久島町営旭牧場(中間)
業務内容 ▶︎肉用牛の飼養管理
▶︎放牧地と採草地の栽培管理 ほか
労働条件
応募資格
募集要項をご確認ください
様式ダウンロード ▶︎申込書[ PDFWord

 


問い合わせ先
屋久島町 産業振興課 農政係

〒891-4292 熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL0997-43-5900 / FAX0997-43-5905

 

令和2年第5回臨時会を開会します
[お知らせ - くらし]

2020
05/26

令和2年第5回屋久島町議会臨時会を開会します。

 

 ■日 時

   令和2年5月29日(金曜日)午前10時

 ■場 所

   役場本庁議場(議会棟)

 ■内 容

    別紙告示(写し)のとおり

   令和2年屋久島町臨時会告示(写し)

 

   ※付議案件(内容)については、次の場所でご覧になれます。

   ・役場本庁 議会事務局

 

 【傍聴に関して】 

  ・一般の方の傍聴は、定員(20名)の半数の10名といたします。(報道関係者は除く)

  ・傍聴の際は、マスクの着用と手指消毒をお願いいたします。

  ・フォーラム棟でも傍聴ができますのでご協力をお願いいたします。

 

 

 

 お問い合わせ先

 屋久島町役場 議会事務局

 電話:0997-43-5900(内線340・341)

新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険税の減免について
[お知らせ - くらし]

2020
05/25

新型コロナウイルス感染症の影響により、一定程度収入が下がるなどした世帯に対して、国民健康保険税を免除又は減額する制度があります。相談・申請は役場町民課課税係で受け付けています。窓口にお越しいただくか、お電話でご相談ください。

新型コロナウイルス感染症にかかる国民健康保険税の減免について

届出に必要なもの
②_第1号様式_減免申請書
・申請者の本人確認書類
・り患証明書
・印鑑
・令和元年度分確定申告書第一表、収支内訳書又は青色申告決算書または住民税申告書の控えの写し
・世帯の主たる生計維持者の事業帳簿や給与明細書等など、現在の収入状況が確認できる書類


〇お問い合わせ先
屋久島町 町民課 課税係

〒891-4292 屋久島町小瀬田849番地20
TEL:0997-43-5900 FAX:0997-43-5905

国民年金保険料の免除申請が可能です
[お知らせ - くらし]

2020
05/14

新型コロナウイルス感染症の影響による国民年金保険料の免除申請

 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能となりました。

 

▶︎ 対象となる方

 臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予及び学生納付特例申請は、以下の2点をいずれも満たした方が対象になります。

⑴令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと
⑵令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

※1 令和2年2月以降の任意の月(収入が最も低い月など)における所得額を12か月分に換算し、見込みの経費等を控除し算出します。
※2 当年中の所得見込額が全額免除基準相当(例:単身世帯の場合は57万円以下)や一部免除基準相当に該当する場合に、それぞれの基準に該当する免除が適用になります。
※3 免除等の判定においては、世帯主及び配偶者(納付猶予は配偶者のみ)も審査の対象となります。また、申請者本人のほか、世帯主や配偶者が➀と②に該当するときにも、この簡易な手続による申請ができます。

 

▶︎ 申請の対象となる期間

 令和2年2月分から6月分まで

令和2年7月分以降は、改めて申請が必要です。

 

▶︎ 申請の受付開始日

 令和2年5月1日

 

▶︎ 申請に必要なもの

 1 国民年金保険料免除・納付猶予申請書

「⑫特例認定区分」欄の「3.その他」に〇をし、「臨時特例」と記入してください。
 

2 所得の申立書(簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用))

所得の申立書については、裏面の記入例を参照してください。

 

▶︎ 申請方法

・国民年金保険料免除・納付猶予申請書、所得の申立書は、日本年金機構ホームページからダウンロードができます。

・申請書の提出先は、役場健康長寿課保険年金係、または年金事務所です。

新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、郵送での提出を是非ご活用ください。

 

▶︎ お問い合わせ先

 ねんきん加入者ダイヤルまたは年金事務所におかけください。

 ねんきん加入者ダイヤル ☎︎0570-003-004
  
月〜金曜日 8:30〜19:00
  第2土曜日 9:30〜16:00

 

▶︎ 注意事項

・保険料前納を行っている方に対して、免除等の承認があった場合、承認後に日本年金機構から前納分の還付(免除等の申請日以降の前納分)に係る通知が届きます。

・口座振替を行っている方に対した、免除等の承認があった場合、承認後に口座振替が停止されますが、早めに口座振替辞退申出書を提出していただくことをお勧めします。

・付加年金、国民年金基金に加入している方は、免除が承認されるとご利用できなくなります。

 

 

本臨時特例をより詳細に知りたい方は、日本年金機構ホームページをご参照ください。

▶︎日本年金機構ホームページ

申請に必要な申出書などの様式も、日本年金機構ホームページからダウンロードできます。


新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除制度のご案内

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料学生納付特例制度のご案内

 


お問い合わせ先
屋久島町 健康長寿課 保険年金係

〒891-4292 熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
FAX:0997-43-5900 / FAX:0997-43-5905

議会への請願書・陳情書を受け付けます
[お知らせ - くらし]

2020
05/13

 

  令和2年第2回屋久島町議会定例会を6月に開催する予定ですので、 

 今定例会で請願書、陳情書の審査を希望される方は、所定の要件を備えた書類を提出してください。

 

  ■要件

   ①請願(又は陳情)の趣旨

   ②提出年月日

   ③請願者の住所及び氏名押印

   (請願の場合は、紹介議員の署名又は記名押印が必要です)

   (請願者・陳情者の住所・氏名等は一般に公開されます。予めご了承ください。)

       

 

  ■提出期限

   6月3日(水曜日)午後5時まで

 

 

  ■提出先

   議会事務局(本庁舎 議会棟)

 

      

 お問い合わせ先

  屋久島町役場 議会事務局

  住所:〒891-4292 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20

  電話:0997-43-5900(内線340・341)

光ブロードバンドサービス宅内工事等における工事再開のお知らせ
[お知らせ - くらし]

2020
05/13

 光ブロードバンド宅内配線等工事につきまして、新型コロナウイルス蔓延防止の為、工事等を延期しておりましたが「緊急事態宣言の延長を受けた鹿児島県の対応」に沿い6月1日から工事を再開します。

 なお、今後の作業日程につきましては準備が整い次第、ご予約の通信事業者から順次ご連絡致しますのでお待ちください。

 また、工事実施に係る条件につきましては下記のとおりとしています。

① 本町で工事施工を行うものは県内在住者とする(2週間以内に他県への移動歴のないもの)
② 工事施工者は毎朝検温を行い、体調に異変のあるものは工事を行わせない。
③ 宅内工事を行う場合は必ず本人の同意を得ること。
④ 宅内工事を行う際は、窓を開けるなど換気を十分に行い最小の人数で実施すること。(マスク、消毒等含む)
⑤ 工事期間中の島外への移動はできるだけ避けること。

(※)工事に伴う事前作業のため、通信事業者は5月14日から入島します。

 


お問い合わせ
屋久島町 総務課 情報防災係

〒891-4292 熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905

新型コロナウイルス感染症の影響により町税の納付が困難な方へ
[お知らせ - くらし]

2020
05/12

1.徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウィルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができます。担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。
対象となる方は、以下1及び2の条件を満たす納税者特別徴収義務者となります。

  1. 新型コロナウィルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1カ月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べておおむね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること

(注1)「一時に納付し、又は納入を行うことが困難」の判断については、少なくとも向こう半年間の事業資金を考慮に入れるなど、申請する方の置かれた状況に配慮し適切に対応します。
(注2)猶予期間内における途中での納付や分割納付など、状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。
(注3)「事業等に係る収入」とは、法人の収入(売上高)のほか、個人の方の経常的な収入(事業の売上、給与収入、不動産賃料収入等)を指します。

2.対象となる地方税

 ・個人住民税
 ・法人住民税
 ・軽自動車税(種別割)
 ・固定資産税
 ・国民健康保険税
 ・入湯税

 上記の地方税のうち、「令和2年2月1日から3年1月31日までに納期が到来するもの

3.申請方法

  1. 納税通知書等をお手元にご用意いただき、まずは電話でお問い合わせください。なお、国税等において既に同制度の申請をしている場合はその旨もお知らせください。
  2. 申請書および、猶予を受ける税額が100万円以下の場合は「財産収支状況書」、100万円を超える場合は「財産目録および収支明細書」に必要事項をご記入のうえ、次のいずれかの方法でご提出ください。
    ・窓口での申請(本庁のみ。出張所では受付不可)
    ・郵送での申請
     (送付先)〒891-4292 (←この郵便番号を記載すると所在地を省略できます)
          屋久島町役場 町民課 課税係 行

4.申請書類

(注)下記掲載のファイルをダウンロードしてご利用ください

① 共通(特例徴収猶予の申請書です)
00特例猶予申請書 00特例猶予申請書

【記載例】特例徴収猶予申請書記載例
【記載例】特例徴収猶予申請書記載例

② 100万円未満の場合
10財産収支状況 10財産収支状況
③ 100万円以上の場合
20財産目録
21収支明細
20財産目録
21収支明細

④ 収入や現預金が分かる書類(売上帳や現金出納帳、給与明細、預金通帳写し等

5.申請期限

令和2年6月30日」もしくは「各納付期限」のいずれか遅い日。ただし、原則各納付期限ごとに申請が必要です。
※国民健康保険税が課税される予定の方は、6月に他税も併せて申請することをお勧めします。

6.徴収の猶予

徴収猶予の「特例制度」のほかに、次のような事情により納税が困難な場合には、原則として1年以内の期間に限り、徴収の猶予が認められる場合があります。

  1. 災害や盗難にあったとき
  2. 本人や家族が病気にかかったり、負傷したとき
  3. 事業の休廃止や事業について著しい損失を受けたとき
  4. 上記の事実に類する事情があったとき

 期間中は、新たな督促や差押えなどの滞納処分をすることはありません。

7.換価の猶予

納税によって事業の継続や生活の維持を困難にするおそれがある場合など、一定の要件に該当するときは、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる場合があります。

 


〇お問い合わせ先
屋久島町 町民課 課税係
〒891-4207 熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL:0997-43-5900 FAX:0997-43-5905
zeimu@town.yakushima.kagoshima.jp
 

特別定額給付金の支給がはじまります
[お知らせ - くらし]

2020
05/12

 

▶︎PDFデータ

特別定額給付金とは?

緊急宣言が発出され、人々が連帯して一致団結し、国難を克服しなければならないという状況の下、医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援が行われます。

 

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)に、屋久島町の住民基本台帳に記載されている方

基準日以前に、住民票を削除されていた方で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含みます。


配偶者からの暴力を理由に避難している方もお住まいの自治体(屋久島町)へ申請が出来ます。
 

給付額

給付対象者1人につき10万円

 

給付金の申請方法

感染のリスクを避けるため、なるべく①→③の順に、申請方法を検討してください。

⑴ オンライン申請(マイナンバーカードを持っている方のみ) 

マイナポータルにアクセスし、『ぴったりサービス』から『屋久島町』を検索。
一覧の中から『特別定額給付金の申請』を選択し、『制度内容』で要件などを確認。
『申請する』を押下しオンラインで申請書を作成。
併せて、振込先口座情報の確認書類をアップロード。
マイナンバーカードによる電子署名を行い、申請完了。

 

⑵ 郵送申請

町から世帯ごとに送られてくる、特別定額給付金の申請書に必要事項を記載します。

 
振込先口座情報に間違いがないか確認し、『本人確認書類の写し』(マイナンバーカード、運転免許証等の本人確認書類)と『振込先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカードの写し』(水道料引き落とし等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)

 

⑶ 役場窓口において申請 ※ ⑴と⑵がどうしてもできない方のみ

感染のリスクを避けるため、原則的には⑴か⑵の方法で申請をお願いします。
 どうしてもできない方は、5月12日(火)~6月5日(金)の期間、役場本庁フォーラム棟に特設会場を設けます。
 お手数ですが、特別定額給付金の申請書と必要書類等をご持参ください。(本人確認書類と口座の分かる通帳等が必要です)

 

申請期間及び給付開始日

①申請期間

5月12日(火)〜 8月11日(火)

▶︎町では、5月7日(木)に申請書を発送できるよう準備を進めております。
 今しばらくお待ちください。

 

②給付開始日

申請書受理後、概ね2週間後に指定の口座へ振り込む予定です。

▶︎原則として口座への振り込みにより給付しますが、銀行口座が無い等、真にやむを得ない場合に限り、窓口において給付を行います。
 ただし、給付が遅くなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 


 

 

 


お問い合わせ
屋久島町 政策推進課 企画調整係

〒891-4292 熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
☎︎ 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905