行政・公表情報

「屋久島町高齢者バス利用特例制度事業」について
[お知らせ - 健康・福祉・子育て]

2018
06/05

島内の移動を便利に!70歳以上を対象とした
「屋久島町高齢者バス利用特例制度事業」が始まります!

 高齢者の経済的負担の軽減を図り、積極的な社会参加の促進などを目的として、町内に住む70歳以上(その年度内に70歳になる方を含む)で、バスの利用が可能な方のうち希望される方に、島内の屋久島交通バス路線利用の際、1年間乗り放題となる「屋久島町高齢者バス利用カード」を有料(個人負担4,000円)で交付します。

1 対象者

町内に住む70歳以上(その年度内に70歳になる方を含む)で、バスの利用が可能な方が対象です。

2 利用範囲

町内の屋久島交通バス路線
(県道屋久杉ランド・白谷雲水峡線などの非生活路線は含まない。)

3 有効期間

毎年度、7月1日から翌年6月30日までの1年間が有効期間となります。
※交付を受けた日によって有効期間の終期が異なることはありません。
※有効期間の途中で交付を受けた場合でも、当該カードの有効期間は次の6月30日までとなります。

4 利用方法

バスの乗車時及び降車時に「屋久島町高齢者バス利用カード」をバス乗務員に提示してください。
※乗降車時に「屋久島町高齢者バス利用カード」の提示がない場合は、正規運賃の支払いとなります。

5 申請方法

福祉事務所(役場 安房支所内)へ以下のものを持参し、申請ください。
 ①顔写真(縦3cm×横2.5cm)
 ②印鑑(シャチハタ印などの浸透印タイプの印鑑は不可)
 ③個人負担額 4,000円
※代理の方でも申請できます。
※申請時に不備がある場合は、申請受付はできません。
※役場各支所・出張所での受付はできませんので、ご了承ください。

6 要項・様式

▶️屋久島町高齢者バス利用カード交付要綱
▶️屋久島町高齢者バス利用カード交付申請書

 

■問い合わせ先

福祉事務所(役場 安房支所内)
☎︎0997-46-2235

 

口永良部島の噴火警戒区域の変更について
[お知らせ - くらし]

2018
06/04

 屋久島町が、平成28年6月25日午前10時00分に設定した、災害対策基本法第63条の規定に基づく警戒区域(新岳の火口から半径2㎞以内及び向江浜地区※噴火警戒レベル3の範囲)につきましては、平成30年6月4日午前10時00分から、『新岳の火口から半径1㎞以内(西側は2㎞以内)※噴火警戒レベル2の範囲』に変更します。
 また、新岳火口南東側の林道につきましては、林道災害復旧工事のため当面の間、『通行止め』といたします。
 警戒区域内及び林道通行止めの区間に、屋久島町長の許可なく立入ることは禁止されますので、引き続きご理解ご協力をお願いいたします。

 

屋久島町 総務課 消防交通係
電話:0997-43-5900(内線105・106)

「女性農業者ビジネスサポート事業」企画提案の募集について
[お知らせ - くらし]

2018
05/25

 女性農業者の農業経営や地域農業への参画、地域の担い手としての活躍を促進するため、本県の多様で豊富な農林水産物や地域資源を活かし、異業種と連携した新商品開発やイベントの実施など、女性農業者による新たなチャレンジを支援することを目的に、企画提案を募集します。
 詳細につきましては、以下の企画提案応募要領、提出様式及び参考例をご覧いただき、提出先への提出をお願いいたします。

 ・企画提案応募要領
 ・提出様式及び参考例

 

【提出先・お問い合わせ先】
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10-1
鹿児島県農政部経営技術課 担当:井之上、河口
TEL:099-286-3148  FAX:099-286-5593
E-mail:fukyu@pref.kagoshima.lg.jp

 

【本町担当】
屋久島町農林水産課農政係
TEL:0997-43-5900(内線364、365)

 

若い世代を中心とした食文化継承の取り組み促進業務の委託先募集について
[お知らせ - くらし]

2018
05/23

 鹿児島は南北に長く,豊かな農林水産物と多彩な食文化がある。平成27年度に本県を代表する郷土の食を「かごしまの味」として制定し,県の食文化の継承推進や地域興しに活用するためのシンボル的“食”として位置づけたところである。
 この「かごしまの味」に代表される鹿児島の食文化を,次世代へ継承推進し,“食”を通じた地域の活性化に繋げることを目的として、若い世代を中心とした食文化継承の取り組み促進業務の委託先募集します。
 詳細につきましては、以下の実施要領をご覧いただき、提出書類の提出をお願いします。

 ・食文化継承取組推進業務委託に係る企画競争実施要領
 ・業務委託仕様書
 
 【提出書類】
 ・様式1(参加申込書)
 ・様式2(企画書)
 ・様式3(申立書)
 ・様式4(質疑書)

 

 

【提出・お問い合わせ先】
鹿児島県農政部農政課流通支援係
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10番1号鹿児島県庁11階
担当:中尾
TEL :(099)286-3179  FAX:(099)286-5587

 

【本町担当】
屋久島町 農林水産課 農政係
TEL:0997-43-5900(内線364・365)

世界自然遺産地域ネットワーク協議会の設立について
[トピックス]

2018
05/23

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。
 世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。
 日本に4地域しかない世界自然遺産の価値の啓発と保全に主体的・継続的に取り組むため、日本の世界自然遺産地域を構成する町村が連携する「世界自然遺産地域ネットワーク協議会」を設立しました。

<協議会設立の経緯>
 世界自然遺産登録20周年を機に発信した「屋久島からのメッセージ」の実現のため、2015年7月、屋久島町から関係町村に対して、世界自然遺産地域を有する自治体が共通の使命を認識し、自然資源の保護と活用の方策を確立するために、問題意識を共有し、協働を通じて相乗効果を発揮するネットワークの構築の必要性を提起し、世界自然遺産登録地域間の自治体連携を呼びかけました。
 同年11月に開催された全国町村大会に際して関係町村の長が初めて顔を合わせ、連携組織の設立に向けて準備を進めることが確認されました。
 2016年6月26日、小笠原諸島世界自然遺産登録5周年イベントに合わせて、関係町村長らが都内に集まり、協議会の名称や規約を正式に決定しました。なお、荒木町長はこの協議会の会長に選任され、設立の趣旨の説明と、協議会の設立宣言を行いました。

世界自然遺産地域ネットワーク協議会設立趣意書

世界自然遺産【地域連携ネットワーク協議会
2016年6月26日 設立宣言当日の様子


<協議会の概要>
 名称:世界自然遺産地域ネットワーク協議会
 目的:世界自然遺産地域を区域内に有する町村の連携によって、日本の世界自然遺産地域の価値と魅力を
    発信し、社会的な環境保全活動を推進するとともに、協議会を構成する町村の地域振興を図る。
 組織:世界自然遺産地域を区域内に有する8つの町村の長
  知床
   北海道斜里町 町長 馬場 隆
   北海道羅臼町 町長 湊屋 稔
  白神山地
   青森県深浦町 町長 吉田 満
   青森県鰺ヶ沢町 町長 東條 昭彦
   青森県西目屋村 村長 関 和典
   秋田県藤里町 町長 佐々木 文明
  小笠原諸島
   
東京都小笠原村 村長 森下 一男
  屋久島
   屋久島町 町長 荒木 耕治(会長)

 

活動報告

・平成30年5月22日(火)森林環境税に関する要望活動を行います
要望活動プレス

森林環境税に関する提案・要望

 

 

お問い合わせ先
〒891-4205 熊毛郡屋久島町宮之浦1593番地
世界自然遺産地域ネットワーク協議会事務局
(屋久島町環境政策課自然環境係長 内田)
TEL:0997-43-5900(内線 285)  FAX:0997-42-1505
E-mail:kankyo@town.yakushima.kagoshima.jp

 

「第27期島づくり人材養成大学」の参加募集について
[お知らせ - くらし]

2018
05/16

 (公財)日本離島センターでは、離島における地域づくりの核となるリーダーを育成することを目的として、「島づくり人材養成大学」を開講しており、平成30年度は屋久島町にて開催されます。
 つきましては、本研修に参加を希望される方を以下のとおり募集します。

1 募集対象・人数
 地域づくりに取り組んでいる人、あるいは地域づくりに関心があり、屋久島及び口永良部島に在住している人。
 募集人員:5名程度(全国の離島から参加(30名程度)されるため、希望者多数の場合、日本離島センターにて調整されますので予めご了承ください)

2 開催期間
 日時:平成30年9月19日(水)~22日(土) 3泊4日
 場所:鹿児島県市町村自治会館(鹿児島市)
    屋久島環境文化研修センター(屋久島町)

3 申込方法
 別添受講申込書及び自己紹介シートに必要事項を記入の上、企画調整課まで提出ください。

4 申込期限
 平成30年6月29日(金)必着

5 参加経費
 本研修に係る経費(交通費、宿泊費)は離島センター及び町で負担します。

6 その他
 詳細については、下記の開催要領をご参照ください。

第27期 島づくり人材養成大学開催要領
受講申込書  受講申込書
自己紹介シート  自己紹介シート

 

○お問い合わせ先
屋久島町役場 企画調整課 企画調整係
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田469番地45
TEL 0997-43-5900 内線114    FAX0997-43-5905

平成29年度屋久島町だいすき寄附金(ふるさと納税)の活用状況について
[お知らせ - くらし]

2018
05/16

 平成29年度も「屋久島町だいすき寄附条例」に基づき、屋久島・口永良部島を応援してくださる方々から、185,277,129円の多額のご寄附をいただきました。厚く御礼申し上げます。
 ご寄附いただいた方々及び寄附金の活用状況につきましては、以下のとおりです。

H29応援メッセージ
平成29年度ふるさと納税寄附金活用状況


 屋久島・口永良部島の発展のために、今後ともふるさと屋久島町への御支援をよろしくお願いします。

 


問い合わせ 
屋久島町 観光まちづくり課 地域振興係

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田849番地20
TEL 0997-43-5900 / FAX 0997-43-5905

屋久島町振興計画審議会 委員の公募結果について
[お知らせ - くらし]

2018
05/01

 先般募集をしていました「屋久島町振興計画審議会」の委員について、公募結果と併せて全委員を決定しましたのでお知らせします。13名の方から応募をいただき、そのうち以下の「□ 申込みに必要な資格」に該当する方を中心に、5名の方を書類選考により選定しました。御応募ありがとうございました。
 町では、振興計画の策定に係る進捗状況等について、ホームページや町報等を通じてお知らせするとともに、町民の皆様の参画等にも取り組んでまいりますので、今後とも御意見等いただけますよう、よろしくお願い致します。

審議会委員名簿

~以下は公募時掲載内容の抜粋です~

□ 申込みに必要な資格
(1)平成30年4月1日現在において、町内に住所を置いている方
(2)審議会の委員として委嘱しようとする日現在において、町税等の滞納が無い方
(3)その他町長が必要とする方として、以下の方を優先して公募します。
 ・口永良部島に居住し、業を行っている方
 ・Iターンにより屋久島町へ移住されて、5年以上10年未満の方
 ・生産世代(※)の方
 ・子育て世代の女性の方
※生産世代とは、町内で行われている生産活動に就いている中核の労働力となる世代です。

【本件問い合わせ先】
屋久島町企画調整課 企画調整係 岩川
〒891-4207 屋久島町小瀬田469番地45
TEL:0997-43-5900(内線112) FAX:0997-43-5905
mail:kikaku@town.yakushima.kagoshima.jp

第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)及び第3期特定健康診査等実施計画の策定について
[お知らせ - くらし]

2018
04/27

策定の経緯
 国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針の一部改正により、保険者は保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定したうえで、保健事業の実施及び評価を行うこととされました。
 屋久島町では、指針に基づき第1期データヘルス計画の評価、特定健診等の結果やレセプトデータ等の健康・医療状況の分析を踏まえて、「第2期データヘルス計画」及び「第3期特定健康診査等実施計画」を一体的に策定しました。
 これらの計画に基づき、生活習慣病の発症や重症化の予防等、PCDAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を実施することで、屋久島町国民健康保険被保険者の健康保持増進を図り、医療費の適正化を目指します。

計画期間
平成30年度から平成35年度まで(6年間)

第2期保健事業実施計画・第3期特定健康診査等実施計画

 

 

○お問い合わせ先
〒891-4207 熊毛郡屋久島町小瀬田469番地45
屋久島町役場 健康増進課 国民健康保険係
電話:0997-43-5900 (内線 347)

平成30年度 屋久島町特定有人国境離島地域社会維持交付金事業(屋久島町滞在型観光促進業務委託)の受託者の公募について
[お知らせ - くらし]

2018
04/25

 屋久島町では、平成30年度に国及び鹿児島県の特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業の採択を受けて屋久島町特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業(滞在型観光促進事業)を実施することになりました。
 本事業では、屋久島において「もう一泊」したいと旅行者に思っていただける滞在時間を延ばす効果のある地域性、独自性を活かした着地型観光サービスの開発・企画と、本町への誘客、送客を担う本土側の旅行業者や本町の観光事業者等と連携し、着地型観光サービスを組み入れた旅行商品の組成、広告宣伝、販売を促進する予定です。
 つきましては、専門的な知見やノウハウ等を活用し、事業を効果的に、かつ、本町にとって利益の高い事業の実施が可能な事業者を募集します。

1 業務名称
 平成30年度 屋久島町特定有人国境離島地域社会維持交付金事業
 (屋久島町滞在型観光促進業務委託)

2 履行期間
 
契約締結日から平成31年3月15日まで

3 提案限度価格
 
18,518,519円(消費税及び地方消費税相当額を除く)を上限とする。

4 委託内容
 
資料1「平成30年度 屋久島町特定有人国境離島地域社会維持交付金事業(屋久島町滞在型観光促進業務委託)」仕様書のとおり

5 スケジュール
 
(1) 募集開始        平成30年4月25日(水)
 (2) 参加意思表明書提出   平成30年5月  9日(水)17時まで
 (3) 提案締切        平成30年5月25日(金)17時まで
 (4) 受託者選考会      平成30年6月  6日(水)予定      
 (5) 書類選考結果通知    平成30年6月13日(水)予定

6 その他
 
提案競技に関する詳細は、添付の「提案競技実施要項」等を参照ください。

○添付書類
(1) 提案競技実施要項
(2) 平成30年度屋久島町滞在型観光促進事業仕様書
(3) 参加意思表明書
(4) 類似業務実績調書
(5) 見積書

書類送付先・問合せ先
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1593番地
屋久島町 商工観光課 木原
電話:0997-43-5900(内線220)
FAX:0997-42-1505
E-mail:kankou@town.yakushima.kagoshima.jp