行政・公表情報

『春の全国交通安全運動』の実施について
[お知らせ - くらし]

2018
04/02

 4月6日から15日までの10日間、『春の全国交通安全運動』が実施されます。運動期間中は交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践し、交通事故を防ぎましょう。
 また、運動初日には、『町民一斉立哨』を実施します。可能な範囲で立哨活動にご協力お願いします。

○運動期間
 平成30年4月6日(金)~15日(日)
 ※4月10日(火)は「交通事故死ゼロを目指す日」

○町民一斉立哨について
 日 時:平成30年4月6日(金) 午前7時20分~8時00分頃
 場 所:自宅や職場近くの交差点・通学路等
 目 的:町民一斉の立哨活動を行うことで交通安全運動の周知を図る。また、立哨に参加することで、交通安全への取り組みを見つめ直す機会とするため。

○運動のスローガン
 横断は しっかりよく見て たしかめて

○運動の重点
 1 子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
 2 自転車の安全利用の推進
 3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 4 飲酒運転の根絶

『秋の全国交通安全運動』啓発チラシ

 

【お問い合わせ先】
屋久島町 総務課 消防交通係
電話:0997-43-5900(内線105・106)

町民生活課から平成30年4月1日(日)休日開庁についてのお知らせ
[お知らせ - くらし]

2018
03/14

引越しの際は、住所の異動手続を忘れずに!!

 3月中旬~4月中旬は住民窓口繁忙期となり、大変お時間をいただくことがございます。
 これに伴い、ピーク時(3月26日~4月6日)の総合窓口での各種申請書(証明交付申請以外)の審査は、混雑緩和の為、通常より制限されますので、ご了承ください。
※後日、担当から提出物に関して、ご連絡がくることもございますので、ご理解とご協力をお願い致します。

①住民異動届(転出届・転入届・転居届・世帯主変更届など)について

※住民異動届とは、住民票の住所や世帯に変更があった場合に提出する異動届です。
特に住民票の住所の異動届(転出届・転入届・転居届など)は、国民健康保険、国民年金、選挙人名簿への登録などにつながる大切な手続きですので、住民窓口での「正確な住所の届出」が必要です!(届出時には本人確認書類や印鑑も必要です。)
○変更のあった日の翌日から14日以内に届出していただきます。
(正当な理由がなく住民票の異動届出をしない場合、5万円以下の過料が発生する場合があります。)
○マイナンバーの通知カード・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・在留カードの住所等も最新の情報を記載する必要がありますので届出時にご提出ください。

②平成30年4月1日(日)の町民生活課(支所)窓口開庁について

<<住民異動届関連事務のみの対応となります>>
 
今年は、3月31日と4月1日が休日であることなどから、平日の窓口混雑緩和の為、次のとおり各支所の町民生活課窓口を開庁します。

・日  時 : 4月1日(日)午前9時~午後5時まで
・開庁場所 : 宮之浦支所・安房支所・尾之間支所 ※町民生活課のみ
・対象業務 : 当日、住民異動届を出される方の下図の手続

〇=受付可 預=預かりのみ 交=申請書交付のみ

住民
異動
戸籍
届書
印鑑
登録
国民
健康
保健
国民
年金
就学
事務
介護
保険
児童
手当
乳幼児
等医療
保育所
入所
後期高齢者
医療資格
障害者
手帳
預・交 預・交
証明書発行 その他
・住民票の写し
・戸籍証明
・印鑑登録証明
・税証明
・通知カードやマイナンバーカード等の追記
・水道異動届(預かりのみ)
・離島割引カード交付
・個別受信機設置申請書(預かりのみ)
※転入・転出・転居・世帯関係届に伴う業務のみ

 

 

【お問い合わせ先】
屋久島町  町民生活課(宮之浦支所・安房支所・尾之間支所)
電話:0997-43-5900(内線 227・152・314)

平成30年度屋久島町雇用機会拡充事業の事業受託候補者の決定について
[お知らせ - くらし]

2018
03/14

 平成30年度の屋久島町における特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業(雇用機会拡充事業)について、平成29年12月26日(月)~1月29日(月)までに事業募集を行ったところ、事業拡大申請に対し、7社、創業申請に9名の申し込みがありました。
 平成30年3月2日(金)に実施した事業計画等の内容聴取会を踏まえ、屋久島町雇用機会拡充事業計画審査委員会で審査した結果、次の者を事業受託候補者に決定したのでお知らせします。

【事業拡大申請】
 ① 野村 富久代
  「屋久島木工芸のブランド化と地域と観光が一つになるコミュニケーションスペースプロジェクト」
 ② 喜  勇二郎
  「小型の飛魚(アゴ)を利用した珍味、ダシなど常温流通可能な加工食品の開発、加工及び販売促進事業
   及び漁業振興と食文化の継承、発信」

【創業支援】
 
① 西  優樹
  「屋久島の旅と屋久島地杉の家具を結ぶ”Experence Room ~家具の体験・体感空間~” 事業」
 ② 篠原 孝明
  「クラフトビール製造・販売及び販路拡大、ブルーパブ営業、使用済み原材料利用製品製造・販売事業」

 

○問い合わせ先
 〒891-4205
 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1593番地
 屋久島町役場 宮之浦支所内 商工観光課
 電話:0997-43-5900

Jアラート全国一斉情報伝達訓練について
[お知らせ - くらし]

2018
03/14

3月14日(水)Jアラートの全国一斉情報伝達訓練が実施されます。
 
全国瞬時警報システム(Jアラート)の緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達に万全を期すため、下記のとおり全国一斉の情報伝達訓練が実施されます。
 これに伴い町内全域に設置している防災無線から訓練放送が流れますが、訓練放送ですのでお間違えのないようにお願いします。

訓練日時
 
平成30年3月14日(水) 午前11時00分
 ※災害発生や気象状況によっては、訓練が中止される場合があります。

放送内容
 
『これは、Jアラートのテストです。』×3回
 『こちらは、防災屋久島町です。』

全国瞬時警報システムとは
 
全国瞬時警報システム(Jアラート)は、緊急地震速報や弾道ミサイル情報のような、対処に時間的余裕がない事態が発生した場合などに、国から発信される情報を人工衛星を介して受信し、町内の防災無線を自動で起動させ、町民に迅速に情報伝達するものです。

お問い合わせ
 
屋久島町 総務課 消防交通係
 電話:0997-43-5900(内線105・106)

障害者等に対する離島割引の適用について
[お知らせ - くらし]

2018
03/09

 有人国境離島法に基づく航路運賃低廉化事業の適用範囲を障害者(介護者)又は被救護者(付添人)(以下、「障害者等」という。)まで拡充します。

対象者     障害者等であり、かつ、住民(屋久島町に住所登録)である者
※①障害者手帳、②離島航空割引カードの両方が必要です。
適用開始日     平成30年4月1日
対象航路・区間   現行の有人国境割引の航路・区間と同一
※今回、航空路’(飛行機)は対象外となります。
割引額 有人国境離島割引運賃の5割引
(5円または50円単位切り上げ)
適用方法 事業者ごとに、障害者等の適用範囲が異なるため、有人国境離島法による障害者等運賃の適用方法は、現在の適用範囲に準じて実施します。

 現在、①身体障害者手帳等の提示により、各航路事業者の障害者等に対する割引を受けている方に対して、②鹿児島離島航空割引カードによる有人国境離島法の割引が併せて適用される予定です。
対象となる方で、②離島航空割引カードをお持ちでない方は、役場町民生活課にて発行手続きをお願いします。

障害者等運賃
障害者等割引状況

【お問い合わせ先】
屋久島町 企画調整課 企画調整係
電話:0997-43-5900(内線 112・114)

「屋久島町輸送コスト支援事業」事業者募集について
[お知らせ - くらし]

2018
03/06

「屋久島町輸送コスト支援事業」事業者募集について
(特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業)

 平成30年度屋久島町輸送コスト支援事業による支援を希望する事業者を募集します。

1 事業概要等について
 (1) 屋久島町輸送コスト支援事業補助金
 有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法(平成28年法律第33号)第11条等の定めに基づいて交付される「特定有人国境離島地域社会維持推進交付金」を活用した事業です。
 本交付金事業は、特定有人国境離島地域における割高な輸送費用への単なる支援ではなく、支援を活用して農水産物の再生や発展に資する取組に繋げていく施策とされています。
 各事業実施者は、以下に掲げるような効果が発揮されるよう目標設定を行うとともに、達成に向けて努めていただく必要があります。

 【取組みの例】
  ○ 事業規模拡大等に伴う新規雇用の創出
  ○ 地元産品のブランド化や付加価値向上
  ○ 販路拡大の取組
  ○ 島の独自性を持つ地域産品の開発等
  ○ 品質・衛生管理等の高度化     など。

 (2) 屋久島町輸送コスト支援事業補助金交付要綱(以下、「輸送コスト支援要綱」という。)
  ①屋久島町輸送コスト支援事業補助金交付要綱
  ②別表第1~3
  ③別記様式   別記様式

2 事業者募集
 (1) 対象となる事業者
  ① 屋久島町で生産された農水産物の本土への出荷に関係する団体又は事業者
  ② 屋久島町で生産された農水産物を購入等する団体又は事業者
  ③ 屋久島町において本土に出荷する農水産物の生産を行う団体又は事業者

 (2) 対象品目
 屋久島町で生産された農水産物(加工品は除きます。)等のうち、輸送コスト支援要綱別表第1~2の「品目分類表」に定めるとおり。

 (3) 対象経費
 海上及び航空輸送に係る費用(輸送と一体的な荷受けや荷揚げ等を含む。)で、輸送コスト支援要綱の別表第3「補助対象経費等」に定めるとおり。

 (4) 対象期間
 平成30年4月1日から平成31年3月20日までの期間の輸送費用

 (5) 補助率
  対象経費の10分の8以内(1,000円未満の端数は切り捨て)
  ※ 予算の範囲内で決定するため、補助率は8/10を下回る場合があります。

 (6) 提出書類
  ① 補助金交付申請書
  ② 事業計画書
  ③ 収支予算書
  ④ 農水産業発展計画
    農水産業発展計画_記載例

 (7) 申込期間
  平成30年4月1日から同年4月20日まで

 

【お問い合わせ先】
屋久島町 農林水産課 農政係
電話:0997-43-5900(内線 364)

MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信について
[お知らせ - くらし]

2018
02/22

 弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在Jアラートを通じて市町村の防災行政無線により住民に伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(ドコモ、KDDI、ソフトバンク等)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。
 そして以前から、携帯大手事業者以外の事業者(MVNO)が扱うSIMフリー端末(いわゆる「格安スマホ」)のうち、Androidを搭載する一部端末では、当該メールを受信できないという課題がありました。
 今回、携帯大手事業者において共通受信仕様が策定されたことにより、今後Androidを搭載するSIMフリー端末でもエリアメール・緊急速報メールの受信が順次可能となります。
 詳しくは別紙をご覧ください。

 別紙 MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メール受信

かんきつ類果実高度利用セミナーの開催について
[お知らせ - くらし]

2018
02/21

 農産物の付加価値向上を図るため、食品加工技術者の習得を目指すために、かんきつ類果実高度利用セミナーを開催いたします。
 詳しい内容につきましては、以下の実施要領をご覧いただき、申込書をご提出ください。

かんきつ類果実高度利用セミナー開催要領
セミナー参加申込書

【申込み先】
鹿児島県大隅加工技術研究センター
FAX:0994-31-0319
Mail:kagiken@pref.kagoshima.lg.jp

【本町担当】
屋久島町 尾之間支所内
農林水産課 農政係
電話:0997-43-5900(内線364・365)

第3回Re島プロジェクト人材育成セミナーの開催について
[お知らせ - くらし]

2018
02/15

 福岡市と福岡市からダイレクトアクセスを持つ離島(対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町、屋久島町)が連携して取り組んでいるRe島プロジェクト(福岡市・九州離島広域連携事業)。福岡市は「九州のハブ」として、「離島に直結した大都市」という新たなブランドイメージを獲得すること、5つの離島は、福岡市を介して離島に通じる広域交流を活発化させ、各離島の認知度向上、交流人口増加、地域経済活性化に繋げることを目的として取り組んでいます。
 この度、「島の魅力が伝わる情報発信とは?」と題したセミナーを開催しますので、以下のとおりご案内いたします。興味をお持ちの方は、この機会に是非ご参加ください。
人材育成セミナー:チラシ

【開催日時】
 平成30年2月26日(月)13:30~16:00

【会場】
 屋久島町役場 本庁2階会議室(長峰)

【対象】
 町内商工観光関連事業者 等

【定員】
 30名(事前予約制・先着順)

【内容】
 1.情報メディアの基本と離島地域の情報メディア事例
 2.「Re島プロジェクト」運用メディアの概要について
 3.あなたが暮らす島の情報発信状況について
 4.「島の魅力が伝わる」コンテンツづくりの基本 など

【申込方法】
 EメールまたはFAXにより、2月22日(木)までに申し込みください。

【その他】
 セミナーの詳細及び申込用紙については、添付ファイルを確認ください。
 ※人材育成セミナー:チラシ・申込書
 ※人材育成セミナー:申込書

【本件担当】
 屋久島町役場宮之浦支所 商工観光課観光係
 電話:0997-43-5900

平成29年度第2回屋久島世界遺産地域科学委員会及びヤクシカ・ワーキンググループの開催について
[お知らせ-事業者の方へ]

2018
02/07

 世界自然遺産に登録されている屋久島において、科学的な知見を踏まえたより適切な保全管理を実現するため、平成21年6月、九州地方環境事務所、九州森林管理局、鹿児島県、鹿児島県教育委員会及び屋久島町は、共同で屋久島世界遺産地域科学委員会(以下「科学委員会」という。)を設置しています。
 この度、2月17日(土)に鹿児島県市町村自治会館において平成29年度第2回科学委員会(通算第17回)を開催します。
 また、前日16日(金)には、同会場において、科学委員会の下に設置されたヤクシカ・ワーキンググループを開催します。

1 日程等

(1) 平成29年度第2回特定鳥獣保護管理検討委員会及び屋久島世界遺産地域科学委員会ヤクシカ・ワーキンググループ合同会議
  日  時:平成30年2月16日(金)14:00~17:00
  場  所:鹿児島県市町村自治会館〔鹿児島県鹿児島市鴨池新町7番4号〕
  主な議題:①前回合同会議の検討経過概要等について
       ②ヤクシカの現状について
       ③平成29・30年度の取組について
       ④生態系管理の目標設定について
       ⑤その他

(2) 平成29年度第2回屋久島世界遺産地域科学委員会
  日  時:平成30年2月17日(土)9:00~12:00
  場  所:鹿児島県市町村自治会館〔鹿児島県鹿児島市鴨池新町7番4号〕
  主な議題:①平成29年度第1回科学委員会の議事要旨等について
       ②平成29年度モニタリング調査等の実施状況について
       ③平成30年度の取り組み事項について
       ④ヤクシカWG等合同会議での取組状況について
       ⑤山岳部における利用と保護の検討状況について
       ⑥屋久島世界自然遺産・国立公園山岳部利用のあり方検討会について
       ⑦その他

2 取材・傍聴等の取扱い
 科学委員会及びヤクシカ・WGは、公開で行います。会場の都合上、取材及び傍聴を希望される場合は、2月14日(水)17:00までに下記へご連絡下さい。取材・撮影等については、会議進行の妨げとならないよう配慮願います。

3 取材・傍聴に関する問い合わせ先(事務局)

【ヤクシカ・ワーキンググループ】
九州森林管理局 保全課 担当:矢島、沼津
〒860-0081 熊本県熊本市西区京町本丁2番7号
TEL 096-328-3546   FAX 096-353-1965

【科学委員会】
九州地方環境事務所 国立公園課 担当:加藤、本田
〒860-0047 熊本県熊本市西区春日2丁目10-1
       熊本地方合同庁舎B棟4階
TEL 096-322-2412   FAX 096-322-2447

 

環境政策課 自然環境係
TEL 0997-42-0100(内線285)