国民健康保険

国民健康保険

国民健康保険の加入 と届出

勤務先の医療保険(健康保険、共済組合など)に加入している方や、生活保護を受けている方以外は、国民健康保険に加入することになります。

主な届出

国民健康保険に加入、もしくは脱退するときは、必ず14日以内に届出を行ってください。

区分 こんなとき 必要なもの
国民健康保健に加入しなければならないとき
(加入手続き)
他の市町村から転入してきたとき 印鑑
他の健康保険をやめたとき
(被扶養者からはずれたとき)
印鑑、勤務先の健康保険をやめた証明書
子どもが生まれたとき 印鑑
生活保護の適用を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書
加入の必要が無くなるとき
(脱退手続き)
他の市町村へ転出するとき 印鑑、保険証
他の健康保険に加入したとき
(被扶養者に認定されたとき)
印鑑、国保と他の健康保険の両方の保険証(勤務先の保険証が未交付のときは説明できるもの)
死亡したとき 印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証、保護開始決定通知書
その他 住所、氏名、世帯主などの記載内容が変わったとき 印鑑、保険証
保険証を紛失したとき 印鑑、身分証明書
修学で子どもが他の市町村に転出するとき 印鑑、保険証、在学証明書等

※加入等の手続きは、各支所・出張所で行えます。

お問い合わせは、尾之間支所健康増進課までお願いします。

各種制度

区分 こんなとき 金額等
出産育児一時金 被保険者が出産したとき 404,000円
または
420,000円(注)
葬祭費 被保険者が死亡したとき 15,000円
人間ドック補助 被保険者(被保険者期間が引続き1年以上で、
年齢が満30歳以上75歳未満の被保険者)が
外来人間ドック施設を利用したとき
希望者の中から予算の範囲で一人につき当該年度1回を限度
20,000円
(費用額が20,000円に満たない場合はその額)
高額療養費 1か月の医療費を一定額以上支払ったとき
※福祉医療費を受給している方は、
その旨を申請の際に窓口でお伝えください。
申請により基準額を超えた分が支給されます。
高額・介護合算療養費 1年間(毎年8月から翌年7月まで)の国保・介護の両保険に係る自己負担額が高額になったとき 申請により基準額を超えた分が支給されます。

※健康保険等が切り替わった被保険者は対象とならない場合があります。

(注)産科医療保障制度に加入している分娩機関で出産した場合は420,000円となります。

第三者行為による傷病(交通事故等)で受診するとき

交通事故・傷害(けんか)等にあったら必ず届け出をしましょう

交通事故や傷害、他人の犬に咬またれなどの第三者(加害者)から受けた傷病による医療費は、原則として加害者が負担すべきものです。しかし、業務上や通勤災害等によるものでなければ、国民健康保険により受診することができます。その場合、国民健康保険が立替えて負担した医療費を後で加害者側に請求しますので、必ず、役場健康増進課に届け出を行ってください。

届け出に必要なもの
 ・国民健康保険被保険者証
 ・印鑑
 ・第三者行為による傷病届(被保険者が記入)  
第三者行為による傷病届PDF
 ・事故発生状況報告書                 事故発生状況報告書PDF
 ・念書(被保険者が記入)                念書PDF
 ・誓約書(加害者が記入)                誓約書PDF
 ・交通事故証明書(交通事故の場合)
 ・人身事故証明書入手不能理由書 (交通事故証明書が出ない場合)

 

屋久島町役場 健康増進課 国民健康保険係
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田469番地45
TEL 0997-43-5900   FAX 0997-43-5905