行政・公表情報

屋久島町における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画の公表について
[お知らせ - くらし]

2016
02/18

 女性の職業生活における活躍推進に関する法律(平成27年法律第64号)が施行され、法第15条において、事業主は女性職員の活躍の推進に関する特定事業主計画を定めなければならないこととされたところであります。
 今回、事業主(首長部局、議会事務局、選挙管理委員会、教育委員会、農業委員会、監査委員会)の行動計画を定めたので公表します。

屋久島町特定事業主行動計画

屋久島町役場総務課総務係
電話:0997-43-5900(内線105)

平成27年度地域密着型サービス事業者の選定結果について
[お知らせ - くらし]

2016
02/15

 「屋久島町高齢者福祉計画・第6期介護保険事業計画」に基づき、地域密着型サービスの指定候補事業者の公募を行い、応募事業者の整備計画について、審査・選定を行いましたので、その結果をお知らせします。

【対象施設の内容】

サービスの種類 整備数 定員 対象圏域(地域) 開設年度
認知症対応型共同生活介護
(認知症高齢者グループホーム)
1施設 2ユニット
(18名)
南部圏域
(大字安房地内)
平成28年度

【募集期間】
 平成27年10月16日(金)~平成27年11月30日(月)

【審査機関】
 屋久島町介護保険運営協議会

【事業者選定に係る提案説明会開催日・場所】
 平成28年2月10日(水) ・ 安房地区公民館2階大会議室

【選定方法】
 
申請事業者(2法人)を招集したうえで、事業計画等に係るヒアリングを行い、委員12名が50点満点(合計600点満点)により評価をし、その合計点数の上位者を事業候補者に選定しました。

【指定候補事業者名】
 
社会福祉法人 愛心会

【お問い合わせ先】
 
屋久島町介護衛生課 介護保険係
 電話: 0997-43-5900(内線327・322)
 FAX: 0997-47-2117
 E-mail: kaigo@yakushima-town.jp

【地方創生】まち・ひと・しごと総合戦略
[お知らせ - くらし]

2016
02/10

屋久島町の「まち・ひと・しごと創生」が目指すもの

 本町は、悠久の流れの中で、脈々と受け継がれてきた伝統・文化、集落の営み等、貴重な資産を有し、それ自体が観光客や移住者を惹きつける魅力となっています。
 また、国内で初めて世界自然遺産に登録された地域を有し、この世界に誇れる資源を永久の資産として次世代に遺す責務を負っています。
 そのため、人口減少社会においても、本町の資産を次世代に受け継いでいくためには、この地に住む住民が誇りと責任を持ち、自然との共生の中で屋久島ならではの産業や文化を創造し、それらが循環するまちづくりを行うことが不可欠です。
 そのために、屋久島らしい雇用創出や産業振興を図り、国内外から屋久島の魅力に惹かれて訪れる人々との交流を通して、ヒト・モノ・カネ・情報が循環し、本町に住む人々が屋久島に住むことの誇りとそれを次世代に伝える責任感の創出を目指します。

屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略

 屋久島町では、「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、屋久島町における人口の現状と将来の展望をまとめた「屋久島町人口ビジョン」と、今後5ヵ年の目標や施策の基本的方向・具体的な施策をとりまとめた「屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

屋久島町人口ビジョン
屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略

屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定経過

 総合戦略の策定、推進や評価の経過について情報を掲載します。

屋久島町総合戦略推進会議について
屋久島町人口ビジョン案へのパブリックコメントの結果について
屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略案へのパブリックコメントの結果について

担当:屋久島町 企画調整課 企画調整係

【地方創生】屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略案へのパブリックコメントの結果について
[お知らせ - くらし]

2016
02/10

 本町の人口は、1960年の24,010人をピークに漸減を続けており、このまま施策を講じなければ2050年頃には10,000人を割り込むことが予想されました。
 そこで、本町ではこの人口問題を克服するために、屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略案を取りまとめ、平成27年10月26日から11月13日にかけてパブリックコメントを実施しました。
 2名の方から8件のご意見をいただき、このたび、パブリックコメントの内容と町としての考え方がまとまりましたので公表します。
 今後、いただいたご意見を踏まえ、素案を修正し、計画を策定していきます。

○ 実施期間
 平成28年1月12日(火)から1月29日(金)まで

○ パブリックコメント結果資料
 屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略案「パブリックコメント」意見一覧

屋久島町 通学路安全対策プログラム(改定版)公開
[お知らせ - くらし]

2016
02/10

通学路安全対策プログラム(平成28年2月改定版)の公表について

 平成24年4月以降、登下校中の児童らの列に自動車が突入し、死傷者が多発する痛ましい事故が全国で発生したことから、関係機関が連携して通学路の安全点検・安全対策を講じることになりました。
 これを受け屋久島町では、学校・警察・教育委員会・道路管理者と連携して、子供たちの登下校時の安心安全確保のため、屋久島町通学路安全対策プログラムを策定し、平成27年3月に公開しました改訂版を公表します。

 
交通安全



H27 町通学路安全対策プログラム(改定)

離島振興対策実施地域における固定資産税の特例措置について
[お知らせ - くらし]

2016
01/28

 町内において、製造業、旅館業、情報サービス業の事業の用に供する設備を新設し、又は増設した者に対して固定資産税の課税免除を行います。

【対象業種】
 製造業・旅館業(下宿営業を除く)・情報サービス業(有線放送業・インターネット付随サービス業)

【対象要件】
 設備の取得価格の合計が次に示す額を超えていること。

 ○製造業又は旅館業
   資本金5,000万円以下 → 500万円以上
   資本金5,000万円超1億円以下 → 1,000万円以上
   資本金1億円超 → 2,000万円以上

 ○情報サービス業
   資本金の額にかかわらず500万円以上

【免除期間】  3年度間

 この特例措置を活用する場合は、設備設置前に町へ指定の申請書を提出し、設備等の指定を受ける必要があります。また、税務申告前に課税免除の申請を提出する必要があります。詳しくは施行規則をご覧ください。

屋久島町離島振興対策実施地域産業開発促進条例
屋久島町離島振興対策実施地域産業開発促進条例施行規則
様式

お問い合わせ先
屋久島町役場 企画調整課 企画調整係
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田469番地45
TEL:0997-43-5900 内線114   FAX:0997-43-5905

「九州 移住×起業フェア」参加について
[お知らせ - くらし]

2016
01/25

 2月7日に東京で開催される「九州 移住×起業フェア」の移住・起業支援ブースにて、移住相談窓口を開設します。
 入場料無料、予約不要ですので、屋久島町への移住に関心のある方はぜひご参加ください。

日時:平成28年2月7日(日) 11:00~18:00
    ※移住・起業支援ブースは16:00まで
場所:有楽町電気ビル北館17階
    (東京都千代田区有楽町1-7-1 有限責任監査法人トーマツ セミナールーム)

 ※講演やセミナー等の参加には申込みが必要です。
  詳しくは「九州 移住×起業フェア チラシ」をご覧ください。

【地方創生】屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)へのパブリックコメントの募集について
[お知らせ - くらし]

2016
01/12

1 目的
 本町の人口は、1960年の24,010人をピークに漸減を続けており、このまま施策を講じなければ2050年頃には10,000人を割り込むことが予想されました。
 そこで、本町ではこの人口問題を克服するために、「屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定を進めており、本計画(案)についてのご意見を募集します。 

2 公表資料
 屋久島町まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)

3 意見募集期間
 平成28年1月12日(火曜日)から平成28年1月29日(金曜日)まで

4 意見を提出できる者
 (1) 本町に住所を有する者
 (2) 本町で事業を運営する個人または法人

5 資料閲覧場所
 (1) 町ホームページ
 (2) 役場本庁、各支所出張所(宮之浦支所・安房支所・尾之間支所・永田出張所・栗生出張所・口永良部出張所)

6 意見提出方法
 閲覧場所に備えてある様式に記入後、役場本庁、各支所出張所(宮之浦支所・安房支所・尾之間支所・永田出張所・栗生出張所・口永良部出張所)へご持参ください。
 郵送、FAX又はメールでの提出もできますが、電話・口頭での受付は行いません。
 (提出先)
 〒891-4207 屋久島町小瀬田469番地45
 屋久島町役場 企画調整課 企画調整係 内田
 FAX 0997-43-5905  E-mail kikaku@yakushima-town.jp

  意見提出用紙    意見提出用紙

7 意見の公表
 提出されたご意見に対して、個別に回答は行いません。
 また、皆様からいただいたご意見は、氏名等の個人情報を除き、後日、町ホームページで公表する予定です。

屋久島公認ガイドの公式ロゴマークが決定しました
[お知らせ - くらし]

2015
12/17

 屋久島町では、平成28年4月から、「屋久島公認ガイド」の制度を運用します。それに伴い、平成27年11月12日から本ガイドを広く周知する公認ロゴマークを募集しました。
 選考結果、応募総数195点の中から、鹿児島県在住の方が応募されたものに決定し、デザインコンセプトは下記のとおりです。
 今後は、平成28年4月の制度運用に併せて、このロゴマークと共に、広く「屋久島公認ガイド」を広報していきます。皆様のご応募、誠にありがとうございました。

CONCEPT
 全体のヴィジュアルは、英文YAKUSHIMAの「Y」+「屋久島と口永良部島の地形シルエット」+8つのオレンジ色の放射状は大自然・生命の源「太陽光」+「両手を広げお客様を歓迎し、屋久島町でガイドに携わる人の笑顔」を組み合わせてシンプルに表現。未来に向けて、屋久島公認ガイドの魅力をイメージした、親しみやすく愛着を持ってもらうことを強調したロゴマークデザインです。

 屋久島公認ガイド公式ロゴマーク

※本ロゴマークについては、いかなる場合においても許可なく無断転載を行うことを禁じます。